日本衛生のCSR活動

company's social contribution activity

ニチエイ基金でラオスに小学校を建設

発展途上といわれるラオス人民共和国。
その山間にあるプーサン村に、当社は「プーサンニホンエイセイ小学校」を建設しました。
新校舎で学んでいるのは、瞳をキラキラと輝かせるラオスの子供たち。
この小さな学校からいま大きな夢が育っています。

現地の人から喜ばれる支援を目指して

 ラオス人民民主共和国はベトナム、中国、ミャンマー(旧ビルマ)、タイ、カンボジアの5ヶ国と国境を接し、港のない人口約700万の国です。その国土面積は日本の約6割程度と狭く、貫流するメコン川流域の小さな平野以外は高原と山岳が占めています。主産業は稲作を中心とする農業で全人口の約8割が従事し、一人当たりのGDPは非常に少なく、特に開発が遅れている“後発途上国”に位置づけられています。
 プーサン村は首都ヴィエンチャンから車で約1時間半の場所にあります。子どもたちは幼い頃から家の仕事の重要な担い手となり、学校に通えない子どもも珍しくありません。国の未来を担うのは子どもたちであり、教育が何よりも重要であるにも関わらず、その機会を“貧困”によって奪われているとしたら、同じアジアに暮らす日本人としてこれほど悲しいことはありません。
 当社が同村にプーサンニホンエイセイ小学校5教室を建設したのは10年前。創立30周年記念事業としてニチエイ基金を設立し、その基金を校舎の建設費用に充て、国際援助活動がともすれば建物の引き渡しだけの名目的なもので終わる愚を避け、竣工後も継続的に施設の拡充を支援し、現地の人から喜ばれています。

ポーポン郡センスリンター郡長(左)と校舎建築の契約書にサインを交わす

初めて電球が灯り電動井戸ポンプで給水

 同村にあった旧校舎は藁葺き屋根の掘立構造で、風も雨も吹き込む極めて素朴な建物。電気もなく、水は手押しポンプ式の井戸。トイレは浸透式で、男子・女子・先生用の3個室が並ぶだけ。私たちは生徒も先生も授業に集中できる快適な校舎の建設に着手しました。
 校舎は雨期と乾期がある同国の気候に配慮した丈夫なコンクリート基礎鉄筋ブロック建築物とし、風雨が吹き込むことのない空間を確保。屋根の軒先を長く伸ばし、その下で強い日射しや雨を避けて憩えるベランダを設置。現地の人の念願だった電気を引き、電球が建物や教室を明るく照らすほか、涼風を送る天井の扇風機、衛生的な水がいつでも飲める高架水槽式電動井戸ポンプ、新しいトイレ棟なども完備してきました。
 プーサン村の子どもたちが快適な環境の中で教育を受けられるようになって10年が経過。いま、ほとんどの卒業生が中学校へ進学するようになりました。その子どもたちがさらに高い教育を受け、同国発展の担い手になることも夢ではなくなりつつあります。当社は毎年、社員を派遣して現地を視察し、必要な支援を行っています。当社が播いたタネが大きく育つことを確信しています。

<プーサン村小学校の旧校舎>
ラオスは、国連の基準では世界の後発途上国に分類されているくらい貧しい国でもあります。山岳地域に於いては、いまだに竹で作った高床式の家となり、家畜との共同生活、電気も水道もありません。
こうした地域では小学校(5年制)にすら通えない子供も多く、教育の質もよくありません。また既存の学校は、老朽化が進み、崩壊の恐れがあることから子供達の授業は校庭で行われている学校が半数以上を占めています。


心から喜ばれる支援を実施「ニチエイ基金」

 ラオスの恵まれない子どもたちの支援を目的に建設が決まった「プーサンニホンエイセイ小学校」の資金拠出のため、2008(平成20)年に設立されたニチエイ基金。支援活動は当初、アジアの学校教育を推進する目的で1990(平成2)年に設立された民間教育援護機関「メコン基金」(佐藤春美代表)の協力を得ながら行っていましたが、佐藤代表の高齢化などによりメコン基金が惜しまれつつ解散した2015(平成27)年以降は、ニチエイ基金が単独でプーサンニホンエイセイ小学校の支援を継続しています。
 当社ではニチエイ基金の支援活動をCSR(企業が果たすべき社会的役割)の一環と位置づけ、ラオスの子どもたちの支援事業と並行し、様々な活動を実施しています。例えば、沖縄県のNPO法人「美ら海(ちゅらうみ)振興会」が実施するサンゴ礁再生プロジェクト「サンゴの植付け」イベントへの参加もそのひとつ。同プロジェクトは、サンゴの白化現象を食い止めて沖縄の美しい海の復活を目指し、2007(平成19)年から開催されています。ニチエイ基金は環境保護支援として2013(平成25)年、中川社長を含め4人の社員を派遣し、全国から集まったダイバーとともに沖縄の海に潜り、サンゴの植付けを行いました。2018(平成30)年には札幌市北区にある児童養護施設、社会福祉法人常徳会「興正学園」の子どもたちへ自転車を贈り喜ばれました。同学園で生活するすべての子どもたちに自転車がいきわたるまで寄贈を続行します。
 支援活動の財政的基盤である基金の資金は、すべて社員等の寄付によるものです。例えば営業所を含め全社員が一堂に会する新年会では各テーブルに募金箱を設置して寄付を募っています。また、定期的に積立をしている部署もあります。この貴重な資金は今後も“支援を受ける人が心から喜ぶ支援”に使われます。