Club activities

クラブ活動

日本衛生では、「好きな人が集まって休日を楽しむ」さまざまな「部」が存在しています。
休みの日はトコトン楽しみたいというアナタ!入社の際には是非参加してみてください。

ニチエイ研球会

成績より楽しむこと、マナーを学ぶことがモットーの歴史あるゴルフ部

会の名称は「ゴルフを研究し、研ぎすまされた球を打つ」が由来といわれ、通称ケンタマ会とも呼ばれています。名称とはウラハラに100を切るメンバーはほとんどおらず、成績より楽しむことがモットーの研究会が本当の姿と言えそうです。活動は年2回、初夏と秋に開催する社内コンペをメインとし、年度末の3月に納会を行います。お取引先様のゴルフ場のほか、時に海外のゴルフ場でを楽しむこともあります。会員はほとんど男性社員なので、女性会員を募集しています。

ニチエイダイビング部

海外で水中の幻想世界を楽しむ

ダイビング好きの社員が集まり、毎年、海外ダイビングツアーを敢行。これまで様々な海域で水中の幻想世界を楽しんでいます。たとえばセブ島では小魚の大群“イワシトルネード”ウォッチや、バリ島での急流ドリフトダイビングをはじめ、メキシコ・ユカタン半島ではセノーテと呼ばれるダイバー憧れの水中洞窟に潜り、天から降るような光のカーテンに息を呑んだりなど、言葉では言い表せない感動的な世界をいくつも目撃しています。安全なダイビングを心がけ、着実なスキルアップをはかることをモットーに、部員らは「次はどの海域で潜ろうか」とツアーの計画に余念がありません。

マリン部

海のアクティビティと盛大なバーベキューを楽しむ

部の目的は海の素晴らしさを体験することにあり、活動は8月、普段はなかなか行けない離れ小島に船で渡り、そこでジェットスキー、ウエイクボード、シュノーケリングなどのアクティビティを存分に体験するのをはじめ、持参した肉・魚介類そして協力会社様より頂いたカニなど、豪華な食材による盛大なバーベキューを楽しむことがメインになっています。これまで小樽忍路の青の洞窟周辺を主な活動場所にして日帰りで行っていますが、今後は活動範囲を広げて泊まりがけで楽しむことも計画しています。

ニチエイマラソン同好会

ホノルルマラソンにもチャレンジ

社員数名が趣味で走り始めたのをきっかけに次第に仲間が増え、そのうちの7人が「第4回AIR-G42.195kmリレーマラソンinモエレ沼公園」に初参加。目標の4時間完走を大幅に上回る3時間2分50秒でゴール、男女混合部門3位の好成績をあげました。2年後の同レースでは3時間を切る素晴らしいタイムで、部門別2位となり優勝も夢ではなくなりました。さらに、2019年にはメンバー4人がついに憧れのホノルルマラソンに参加し、忘れられない思い出をつくりました。

ニチエイ競馬同好会

全レースほぼ的中という神懸かり的な体験も

札幌競馬場の施設管理を行っていた関係から、自然発生的にスタートした同会は現在、札幌競馬開催中は必ず現地に行って楽しむなどのほか、函館競馬開催中は参加者を募って2泊3日のツアーを組み、日中に函館競馬を楽しんだ後、夜は居酒屋で楽しい反省会も開いています。